アンテナの価格はどれくらいなのか?

技術的に枯れている製品なのでそれほど高価ではない

テレビアンテナを購入するにあたって、どれぐらいのお金を用意しておく必要があるのでしょうか。一軒家の屋根などに取りつけられている地デジ用のアンテナは、かなり大きなサイズに見えて、その分、高価と感じられるかもしれませんが、実際はそれほど高いものではありません。アンテナは技術的に枯れている製品で、ほかの家電のように新しい機能がどんどん付け足されていくようなものではなく、値段は低い状態で安定しているのです。
たとえば、家庭用の地デジアンテナであれば、定価でも一万円を切る値段で、ネットショップなどでの実売価格だと五千円を割り込むことも珍しくありません。もちろん、取りつけ工事を業者に依頼する場合は工事費が上乗せされることになりますが、自分で取りつけを行うなら一万円以内に収められるのです。

オークションの中古品がそれほど安いとはいえない理由

衛星放送用のアンテナは、地デジ用のアンテナと比べると少し割高なことが多いです。ただ、実売価格にそれほど違いはなく、大手のネットショップであれば五千円前後で購入することができるでしょう。ベランダなどに設置するための、最低限必要な取りつけ金具も同梱されているので、取りつけられる場所があって自分で取りつけるならトータルの費用はアンテナの購入費だけで済みます。
アンテナはインターネットオークションで中古品も出回っていますが、中古のコストパフォーマンスはそれほど高いとはいえません。というのは、落札価格は低くても送料が高額になってしまうので、送料無料のネットショップで新品を購入する場合とそれほど値段が変わらなくなってしまうからです。

© Copyright Digital Terrestrial Antenna. All Rights Reserved.